購入の流れ

 

 

 

 

 

物件の種類を知る・選ぶ

 

住まいを購入するにあたって、まずは「なぜ買うのか」を確認しましょう。さらにマンションか一戸建て、あるいは新築か中古、それぞれの特徴を学んで、ニーズに合う物件探しをスタートします。

 

 

 

購入予算を考える

 

住まいの購入には、大きな資金が必要です。初期費用や購入後にかかる費用も含めて、総コストを算出。さらに家庭のライフプランを確認して、買える物件の価格を決め、資金計画を立てていきます。

 

 

 

住宅ローンについて知る

 

購入資金を賄うために、多くの人が住宅ローンを利用します。住宅ローンには提供元や金利、返済方法などにさまざまな違いがあります。安心してお得に利用できるよう、融資実行までの流れも含めて把握しておきましょう。

 

 

 

不動産会社を知る

 

不動産会社にはさまざまな種類があり、役割や得意とする分野が違います。新築マンション、新築一戸建て、中古マンション、中古一戸建てなど、購入したい住まいによって、どんな不動産会社を選べばいいのか、理解しておきましょう。

 

 

 

住みたい物件を探す

 

住まいの違いや不動産会社のことが理解でき、予算が固まったら、いよいよ物件探しです。欲しい住まいはどのようなものか、希望条件を整理し、相場を調べてよさそうな物件が見つかったときには、資料を請求したり現地見学会に出かけたりしてみましょう。

 

 

 

現地見学会へ行く

 

現地見学では、物件が実際に自分のニーズに合うかどうか、さまざまなポイントをチェックします。立地や設備、管理状況など、現地に行ってみて初めてわかることは数多くあります。マンションと一戸建てではチェックポイントが少し違うので、あらかじめ確認すべきことを整理しておきたいですね。

 

 

 

申込~契約まで

 

気に入った物件が見つかったら、いよいよ購入の申し込みを行い、重要事項説明を受けて、売買契約、代金の支払いへと進みます。並行して住宅ローンの申し込み・契約、登記手続きなども行う必要があります。

 

 

 

引き渡し・入居について

 

内覧会など物件をチェックする機会を経て、最終的に物件が引き渡されます。引越し後に新しい住まいでの暮らしがスタートしますが、マンション、一戸建て、それぞれに長く快適に暮らしていくためのいくつかの注意点があります。

 

詳しくはお問合せ下さい。